ロゴ
HOME>Review>体験談を参考に結婚式に贈る電報を選ぼう!

体験談を参考に結婚式に贈る電報を選ぼう!

電報

誰か親しい人の結婚式があるけれど、行けない、参加ができないという人は電報を贈ってあげましょう。ありきたりではなく、少しデザインなどに工夫を加えると目立って、より気持ちも伝わるはずです。

この話題の口コミ

フォトフレーム電報が好評でした!

友人が結婚式を挙げたのですが、遠方で親族だけの式でしたので、後ほど友人だけを集めたささやかな御祝いの会に招いてもらうことになっています。招かれないとはいえ、せっかくの結婚式なので御祝いの気持ちを表したいという気持ちが強く、友人同士で相談して電報を会場に送ることに決めました。ただの台紙では味気ないと感じ、後まで記念に残る物を一緒に贈りたいということになり、既婚者に貰って嬉しかった物を尋ねるとフォトフレーム電報がいいのではとアドバイスを受けました。居間などに飾っても悪目立ちしない、飽きのこない白いフレームでブーケがワンポイントであしらわれているデザインを選びました。男が選んだ物ですので、少々地味かと心配になりましたが、友人と奥さんからフレームよりも自分達の写真が目立って良かったと感謝されました。結婚式のツーショットの写真を入れたということで、親族にも上品なフォトフレームだとお褒めの言葉をいただいたということです。
(30代|男性)

新婦の好きなキャラクターのぬいぐるみと一緒に贈りました

従妹の結婚式に招かれたのですが、あいにく臨月の時期と重なるので出席を見合わせることになりました。子供の時から姉妹のように仲良くしていた従妹ですので、せめて何か御祝いの言葉を伝えたいと感じていて主人と相談して電報を打つことにしました。電報を送るのに一緒にグッズや贈り物ができると聞き、新婦が小さい頃から好きなキャラクターのぬいぐるみ電報を選ぶことにしました。大きいぬいぐるみが1体で用紙を持つタイプもありましたが、結婚式ですのでペアのぬいぐるみがいいのではと考えてそちらにしたのです。女の子のキャラクターがウェディングドレスをまとい、男の子がタキシードを着ているのが気に入り、御祝いのメッセージを添えて送りました。従妹は結婚式の前にメッセージを読んで喜んでくれましたし、玄関にぬいぐるみを飾ってくれていると御礼のメールをもらいました。
(20代|女性)